エンディングパーク

ユダヤ教の葬儀

  • 読み:ゆだやきょうのそうぎ
  • 別名:

ユダヤ教の葬儀の意味(ユダヤ教の葬儀とは)

ユダヤ教葬儀では通夜がありません。故人は亡くなってから24時間以内に葬儀を終わらせて、土葬されます。

葬儀はユダヤ教の宗教的指導者であるラビが執り行います。

土葬に際しては、華美なは使用せず、松の木などを使って、飾り気のないものを選びます。土葬を行わない家族も増加傾向にあり、ラビが許せば火葬にされることもあります。

キリスト教では、遺体エンバーミングを行いますが、ユダヤ教では亡くなった時のそのままの状態で、神のもとへ返すものとされています。

ユダヤ教の葬儀の実際

葬儀の際は、男性はヤームルカやキッパと呼ばれる帽子をかぶります。

葬儀を出す家では、7日間のシヴァで喪に服します。シヴァでは、家族が弔問客を自宅へ迎え入れます。家族は固い床に直接座り、上着を切り裂いて悲しみを表します。

この間は、家事もそこそこにして、喪に服すのですが、現在では、7日間を短縮して2日間程度で行うことも珍しくないといいます。

シヴァの後は1年間喪に服します。この間は結婚式、お祭り、パーティのような祝い事には参加できないといいます。

関連する用語:シヴァ, 土葬, エンバーミング, ハヌカ
タグ:土葬 , クリスチャン , 弔問 , ユダヤ教

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから