エンディングパーク

明王

  • 読み:みょうおう
  • 別名:真言, 不道明王

明王の意味(明王とは)

明王とは、仏像を分ける時に使う言葉で、如来菩薩の次の分類名になります。

如来が通常の姿ではいうことを聞かない衆生がいたら、屈伏させることを目的に、忿怒の姿に変身したものが明王で、密教の尊像です。

仏教に帰依しない民衆を帰依させようとする役割を担う仏尊でもあります。

大日如来の命を奉じ、非常に強い力を持ち、悪を打ち砕き仏法を守る存在です。

火生三昧という炎の世界に住んでいて、人間界の煩悩や欲望が仏の世界に波及しないよう、聖なる炎で焼き尽くすと言われています。

不動明王は火をつかさどる尊像でもあります。

また、すぐれた賢い王、真言のことも明王とよんでいます。

明王の実際

明王は、忿怒の形相で火炎を背負い、髪の毛は怒りで逆立っています。装飾のない法衣は片袖が破られ、武器を持っている姿で表現されています。

明王の発生はヒンドゥー教のシバ神と密接な関係があるとされています。

中心的な役割を担う5名の明王は、五大明王と呼ばれています。

関連する用語:如来, 脇侍, 五大明王, 菩薩, 釈迦如来, 本尊, 三尊仏, 天部, 阿修羅, 吉祥天, 梵天
タグ:仏教 , 仏像 , 如来 , 菩薩 , 本尊

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから