エンディングパーク

和型(お墓)

  • 読み:わがた
  • 別名:

和型のお墓の意味(和型のお墓とは)

お墓といえば凸の形のものが多くを占めていましたが、最近では和型よりも高さの低い洋風な雰囲気のお墓を建てる人も増えてきました。

お墓の注文などの際に間違いがないよう区別する意味もあり、「和型のお墓」「洋型のお墓」という区別がされるようになりました。

費用的には和型のお墓のほうが比較すると高い状況です。墓石の種類は和型・洋型に関わらず希望により選ぶことが可能ですが、建立時に使用する墓石量が和型の方が多くなることが理由です。

墓石は基本的には白御影か黒御影が使われてきましたが、最近ではピンクや茶色の墓石という選択肢もみられます。

Caroto1

一段地上納骨タイプのお墓

和型のお墓の実際

一般的に墓石の表面には「○○家」と彫られることが多く見られましたが、近年、洋型のお墓が増えてきた影響もあり「誠」「心」といった故人の好きだった言葉が彫られたり、遺された家族が故人を思って「偲」「絆」などの文字が入れられたものも増えてきました。

洋型のお墓は見た目がモダンで華やかな雰囲気があり人気が高まる一方、和型のお墓には伝統的な威厳や格式のようなものが感じられあらためて見直されはじめています。

関連する用語:洋型, 墓石, 遺骨, カロート, 小松石, 庵治石, 墓誌, 本小松石, 御影石, 石材, 竿石, 五輪塔
タグ:お墓・霊園 , 墓石

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから