エンディングパーク

道安

  • 読み:どうあん
  • 別名:釈道安

道安とは

道安とは、初期中国仏教の基礎を築いた中国東晋時代の僧侶です。

12歳で出家し、仏図澄に学びました。経典の翻訳や、僧団の制定、戒名における「釈」を初めて名乗ったことなど、中国における仏教の発展に大きく貢献しました。

漢和仏典の目録作成や、般若経典の研究、解釈を通して、仏教を広めていきました。

道安の遺したもの

道安は、仏教僧の師は、釈迦仏なのだから、僧侶の姓は釈であるべきだといい、「釈道安」と名乗ったといいます。

それ以前は授戒の際の師の姓を受ける習慣がありました。

道安は仏典を仏教本来の概念や用語で研究するべきという立場で「五失本、三不易」という考え方を主張しました。

インドから中国に伝えられた仏典では、翻訳作業が必要になります。

「五失本」は原語の型式から離れて、漢文の型式に改めても許される5つの場合のことです。

一方「三不易」とは、翻訳者の解釈で変更してはいけない経文の3か条といいます。

五失本では、語順が逆になること、修辞する必要のある部分、繰り返しの省略、冗長表現の削除、主題の繰り返しを避けるというように、漢文仏典に翻訳する際の翻訳原則を設定しました。

関連する用語:五失本, 三不易, 釈, 親鸞, 空海, 行基, 栄西, 道元, 日蓮, 法然, 蓮如
タグ:人名 , 仏教 , 釈迦 , 戒名 , 中国 , インド , 僧侶

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから