エンディングパーク

弔問外交

  • 読み:ちょうもんがいこう
  • 別名:

弔問外交の意味(弔問外交とは)

弔問外交とは、海外の政府要人が亡くなった際、国葬などに正式に弔問へ出かけて行って、葬儀の場を借りて、集まった他国の要人との間に行われる外交活動のことをいいます。

亡くなった要人の国際社会における重要度によって、各国から派遣される弔問客の格が変わってきます。この格を見るのも、外交上の一つの目安になります。

重要度が上がるほど、集まる各国の代表者の重要度も上がり、人数も増加することから、大規模な国葬などが営まれる際には、外交活動も活発化するといわれています。

弔問の機会を利用して、国益のためにさまざまな事案を話し合うのが弔問外交で、一般的な外交方法のひとつとなっています。

弔問外交の実際

弔問外交では、現地滞在の大使などを参列させるようなケースから、皇室、政府首脳、政府高官などが日本から出かけて、葬儀に参列するなどのケースがあります。

対応においては、急死や暗殺、事故死などの急を要する場合には、事前準備などが間に合わず、参列できる政府代表の格などに影響が出ることもあります。

関連する用語:国葬, 参列
タグ:供養と弔い , 弔問 , 国家 , 海外 , 日本 , 参列

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから