エンディングパーク

浄土

  • 読み:じょうど
  • 別名:あの世、浄界、仏国土

浄土の意味(浄土とは)

浄土とは、仏の国といわれるところです。

仏の住む国には煩悩がなく、清浄な世界が広がっているといわれています。

清らかで悩みも苦しみもなく、幸せに満ちた場所とされ、人は死後、その浄土へ導かれていくといいます。

薬師如来の東方浄瑠璃世界、阿弥陀仏の西方極楽浄土大日如来の密厳浄土など、仏にはそれぞれの浄土があります。

この世での命に終わりが来ると、あの世へ往生していきます。あの世では仏の指導を受けて、凡夫である自分たちも悟りを得ることができるとされています。

浄土とは、成仏するために精進する場所であり、仏に導かれていく仏国土ということです。

浄土の実際

浄土の反対はこの世、現世で、この世はけがれた国土であり、迷いや悩みに満ちた凡夫の住むところとしています。

一切の迷いがなくなる境地が浄土であると同時に、生前の行いによって、六道へ行くという考え方もあります。

これに対して、法華経などに代表されるように、浄土はあの世ではなく、現世にあり、この世こそが喜びに満ちた場所だとする考えもあります。

関連する用語:穢国, 浄土真宗, 浄土往生, 極楽浄土, 三途の川, 来世, 浄土教, 西山浄土宗
タグ:仏教

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから