エンディングパーク

菩薩

  • 読み:ぼさつ
  • 別名:

菩薩の意味(菩薩とは)

菩薩といえば多くの方たちが「優しく寛大な姿」を思い浮かべるのではないでしょうか。

菩薩とは、もともとは釈迦如来の修行時代を指していた言葉だったそうですが、現代では悟りを求めて修行する僧などを指しています。

人間も悟りを求めて修行を積めば如来になれるというのが前提で、如来になる前の者たちを指しています。

菩薩というと優しい表情から女性のイメージを持つ人も多く、また実際に胸の膨らみがある菩薩像も見かけることができますが、基本的には修行時代の釈迦如来をモデルに作られており女性体ではありません。

広義には悟りを求めて修行している僧侶などは皆菩薩と呼ぶことができますが、一般的には、
・観世音菩薩(観音菩薩)
虚空蔵菩薩
弥勒菩薩
勢至菩薩
地蔵菩薩
などがよく知られています。

菩薩の実際

日本にも菩薩像や菩薩の絵は数々あり、教科書でもよく取り上げられています。

また道路脇に小さな石像のお地蔵様も地蔵菩薩と呼び、菩薩様なのです。

関連する用語:三尊仏, 涅槃, 本尊, 観音菩薩, 虚空蔵菩薩, 地蔵菩薩, 勢至菩薩, 弥勒菩薩, 六道, 如来, 天部, 大仏, 脇侍, 釈迦如来, 薬師如来, 不動明王, 発心, 明王, 三十日秘仏, 仏法僧, 来迎, 盧遮那仏, 合掌, 磨崖仏, 悟り, 阿修羅, 吉祥天, 四天王, 涅槃会, 涅槃仏, 毘沙門天, 弁財天, 摩利支天, 守護神
タグ:本尊 , 菩薩 , 仏教 , 釈迦 , 日本 , 僧侶

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから