エンディングパーク

追善供養

  • 読み:ついぜんくよう
  • 別名:追善回向、法事

追善供養の意味(追善供養とは)

追善供養とは、生きている人が亡くなった人に対して行う供養のことです。

故人の命日に法事を行い、冥福を祈って供養することをいいます。

追善の文字があらわすように、生きている人が行う善行を持って、亡くなった人の善行になる、それがまた自分に戻ってくるという考え方です。

追善供養は広い意味では「毎日の供養」をさし、狭い意味では「年回忌の法要」をいいます。

追善供養の実際

一周忌、三回忌などには、菩提寺に頼んで、読経などの供養をします。

親戚など故人と関係の深い人を招いて法事を行います。

法事に限らず仏壇を整え、手を合わせることも大切な供養です。お供えをあげ、読経するようにします。

お墓は近ければ定期的に、遠方でも年に何度かは子どもや孫を連れて出かけて、墓石をきれいに掃除しておきたいものです。

また、これらの直接祖先への供養だけでなく、仏教的な行いはすべて追善供養になるという考えから、寺院の掃除の手伝いや、行事に参加することなどの寺院への善行も、追善供養となります。

関連する用語:卒塔婆・塔婆, 供養, 還骨法要, 回忌法要, 落慶法要, 菩提寺, 卒塔婆, 成仏, 七本塔婆
タグ:法事法要 , 命日 , 回忌

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから