エンディングパーク

曹洞宗

  • 読み:そうとうしゅう
  • 別名:禅宗

曹洞宗の意味(曹洞宗とは)

曹洞宗は、禅宗の一つです。鎌倉時代に道元が中国から日本へ伝えました。

本山は、福井県の永平寺と横浜市の総持寺です。

坐禅を修行の中心に据え、只管打坐というただひたすらに坐禅を行うことを、最も重視します。

即心是仏という、坐禅の状態で日常生活を生きていくことを説きます。

禅戒一如とも言い、坐禅で学んだことが、生活に現れるという考えからです。

南無釈迦牟尼仏を唱え、釈迦本尊とします。

臨済宗の看話禅が対話型の禅であることに比較して、曹洞宗の黙照禅は、黙々と座ることによって、人が持つ仏の心性があらわれ、仏徳がそなわるとしています。

Soji ji

横浜市の総持寺

曹洞宗の実際

曹洞宗の仏壇では、一仏両祖の三尊仏形式で祀ります。本尊釈迦牟尼仏で、右に高祖承陽大師道元禅師、左に太祖常済大師瑩山禅師を飾るか、一仏両祖を一本とした、三尊仏の掛け軸を飾ることもあります。

禅宗葬儀は、今の仏式葬儀の元になったとも言われています。曹洞宗の葬儀では、授戒と引導が中心になります。

仏前に唱えるお経は、修証義や般若心経が中心です。

関連する用語:引導, 臨済宗, 黙照禅, 修証義, 一仏両祖, 黒住教, 黄檗宗, 禅宗, 座禅, 永平寺, 総持寺, 道元, 仏教, 釈迦如来, 鎌倉仏教, 結跏趺坐, 南無釈迦牟尼仏, 警策, 禅堂
タグ:禅宗 , 三禅宗 , 宗旨宗派 , 曹洞宗 , 葬儀・葬式 , 法事法要 , 釈迦 , 鎌倉時代 , 中国 , 日本

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから