エンディングパーク

枕飯

  • 読み:まくらめし
  • 別名:一膳飯、1膳飯

枕飯の意味(枕飯とは)

枕飯とは、山盛りにしたごはんを、生前の故人の茶わんに盛って、箸を立てて挿したものです。

仏式では、故人の枕元に団子やお水、などとともに小机に並べて飾る、枕飾りの一つです。

玄米を供える、箸の立て方などは、地方や宗派によって異なります。

枕飯は、すり切り一杯の米で、枕飯用に炊くことが良いとされています。

箸は、生前に個人が使っていたものを、二本垂直に立てる、二本の箸が一本に見えるようにする、一本は垂直で、一本は横に挿して十字にするなど、さまざまな方法があります。

十字にするのは、立っている方の箸が火で、横になっている方の箸が水の意味で、火と水でお浄めをするという意味があるといいます。

枕飯の実際

枕飯は、冥土へ出かける弁当として白米を山盛りにしたとか、普段はぜい沢品だった白米をお供えすることで、故人がよみがえることを期待したなど、諸説あります。

正式には、米は研がずに半煮えにして、台所は使わず外に臨時のかまどを作って、枕飯にする分だけを調理しました。

現代では、ふつうに炊いたご飯の、一番最初に盛り付けをするようにするのが一般的です。

お茶わんはぎゅうぎゅうにごはんをつめた茶わんを、二つを合わせるようにして、大高盛を作ります。

関連する用語:枕経, 枕飾り, 枕団子, 六文銭, 死装束, 頭陀袋, 経帷子, 守り刀, 手甲, 脚絆, 納棺, 茶碗割, 放鳥
タグ:仮通夜 , 葬儀・葬式

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから