エンディングパーク

埋葬許可証

  • 読み:まいそうきょかしょ
  • 別名:埋火葬許可証

埋葬許可証の意味(埋葬許可証とは)

埋葬許可証は、お墓遺骨を埋葬する際に必要な書類です。

日本の法律では、お墓に勝手に遺骨を埋葬することはできません。自治体に提出した死亡届死亡診断書を持って、火葬許可証が交付されます。

火葬場荼毘にふす際に、火葬許可証が必要になります。火葬が無事に終わったら、火葬許可証にその旨が明記されて、遺族の元に戻ります。その書類が、そのまま埋葬許可証となります。

自治体によって、呼び名はそれぞれ違うこともあります。

四十九日の法要が済むと、お墓へ埋葬することになるので、その際はこの埋葬許可証を、霊園の管理者や、寺院の住職に、他の必要な書類と一緒に提出します。

埋葬許可証の実際

埋葬許可証は、荼毘にふされた後に、骨壺の箱の中にしまっておくという人が多いようです。

遺骨と一緒に保管して、四十九日の納骨の際には、そのまま持って移動するようにすると、紛失しないということもあります。

葬儀から四十九日まで、忙しい時間を過ごすことを見越して、先人の知恵として伝わっている保管方法ともいえます。

万が一、埋葬許可証を紛失してしまった場合は、あわてずに発行してもらった自治体の窓口で相談しましょう。

有料になるものの、再交付の手続きを取ることができます。

関連する用語:火葬許可証, 死亡診断書, 死亡届, 収骨, 火葬許可申請書(火葬許可書), 分骨証明書, 箸渡し
タグ:納骨堂・永代供養墓 , 埋葬 , 書類 , 葬儀・葬式 , お墓・霊園 , 四十九日 , 日本

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから