エンディングパーク

仮通夜

  • 読み:かりつや
  • 別名:通夜

仮通夜の意味(仮通夜とは)

通夜とは、故人が亡くなった当日の夜に親族近親者だけで、ご遺体を一夜見守って夜を明かすことです。

また、葬儀の日取りなどの関係ですぐに通夜を行えない場合など、通夜を2日間にわたって行う時に、1日目の通夜の事を仮通夜とも呼びます。

仮通夜は、邪霊が死者に寄り付かないように見守り、亡くなった故人との別れを偲ぶという意味合いから始められたとも言われています。

仮通夜の実際

通夜の場合、親族のみで故人を見守るため、喪服ではなく平服(普段着)で過ごし、喪主の挨拶や、通夜振る舞いなどの用意も必要はありません。

僧侶を仮通夜に呼んでお経を読んでもらう事もありますが、仮通夜の段階では呼ばないことが多いです。

関連する用語:通夜, 告別式, 枕飾り, 枕経, 夜伽, 通夜見舞い
タグ:仮通夜 , 葬儀・葬式 , 挨拶 , 僧侶

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから