エンディングパーク

精霊船

  • 読み:しょうろうぶね
  • 別名:

精霊船の意味(精霊船とは)

精霊船とは、精霊流しの行事の一つで、長崎県や佐賀県の一部で見られます。

初盆にあたる家族や、地縁組織、自治体などが精霊船を出します。

ただし、実際に精霊船や供物を海に流すのは、明治4年から禁止されており、精霊船は船を模したものではありますが、水に浮かぶものではありません。

精霊船は、担ぎ手とよばれる人たちによって、海に向かって曳かれていきます。

長崎県大波止(おおはと)などの「流し場」には精霊船を解体する重機が待機しています。船を海に流すことはなく、遺影や位牌などを取り外したら、その場で船を曳いてきた人が合掌する中、壊されていきます。

精霊船の実際

精霊船は、さまざまなサイズがあり、費用もかかるので、すべての家庭が出せるわけではなく、もやい船という、町内会の合同船もあります。また、亡くなったペットの船を出すケースもあります。

当日は、爆竹を大量に鳴らしながら練り歩くので、喧噪の中のお祭りでもあります。中には段ボールに入った爆竹に、そのまま点火したりするケースもあり、爆音と煙の中の送り盆となります。

関連する用語:灯籠流し, 迎え火, 送り火, お盆, 盆棚, 石灯籠, 吊り灯籠, 春日型
タグ:法事法要 , 遺影写真

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから