エンディングパーク

単立

  • 読み:たんりつ
  • 別名:単立宗教法人

単立の意味(単立とは)

宗教法人には、単位宗教法人と包括宗教法人があり、単位宗教法人はさらに、被包括宗教法人と単立宗教法人に分かれます。

被包括宗教法人は、上位の団体の下に属する宗教法人という意味です。

単立とは、上位団体に属さない宗教法人のことを指します。

宗教法人は一般的に宗派、教派があり、そのため上位組織に属しているのが伝統宗教と言えるものですが、単立宗教団体は、包括宗教団体には属さないという意味があります。

単立の実際

単立化する理由として、大本の総本山神社本庁へ対する、多額の寄付金や、お布施に対する考え方の違いなどがあります。

また、人事や運営に対しても教義に照らした基本的な考え方を要求されることから、本庁との被包括関係の解消をめぐっては、裁判で解決を図るケースも出ています。

石川県の氣多大社のケースでは、最高裁まで争った結果、神社本庁からの脱退が認められました。

単立寺院は、有名な秋篠寺、鎌倉長谷寺などがある一方、新興宗教団体のようなところも存在します。

単立寺院でも、伝統宗派系で、徒弟教育があり、地域に根ざした団体であれば、安心して仏事を任せることは可能です。

運営や後継問題などは、個々の寺院や団体によるところが大きく、単純に単立だから心配、宗派に属しているから安心というものではありません。

関連する用語:宗教法人, 被包括宗教法人, 包括寺院, 菩提寺
タグ:納骨堂・永代供養墓 , 葬儀・葬式 , お墓・霊園 , お布施

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから