エンディングパーク

尊厳死

  • 読み:そんげんし
  • 別名:

尊厳死の意味(尊厳死とは)

尊厳死とは、人間が「人間としての尊厳」を保って又は保つために死に臨むことをいいます。

安楽死と同一視されがちですが、自らのタイミングと薬物で旅立つ安楽死と違い、尊厳死は人間としての尊厳を保ちつつ(延命治療を止め)旅立ちの日を待ちます。

尊厳死の実際

医療技術が進歩した現在、末期ガンなど回復の見込みがない病であっても「延命」の名のもと患者は生かされます。確かに、延命治療を続けるかぎり肉体は生命を維持することが可能です。しかしこうした延命治療は経済的負担だけではなく、精神的にも重い負担となり家族・患者双方に圧し掛かります。

特に、患者さん本人に掛かる精神負荷は大きなものです。そうした中で延命治療をすることなく「自分が自分であれるうちに旅立ちたい」と思い、尊厳死を希望する方が増えています。

尊厳死を望む場合は「尊厳死宣言公正証書(事実実験公正証書の一種)」の作成が必須です。しかし証書を作成したからといって必ず尊厳死を選択できるというわけではなく、医師の許容が必要になりますが、実際には証書が作成されている場合は、許容されるケースが大部分を占めているようです。

関連する用語:安楽死, 尊厳死宣言公正証書, ターミナルケア, 臓器移植, インフォームド・コンセント, 自然死, 脳死判定, 死の三兆候
タグ:相続 , 尊厳死

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから