エンディングパーク

印刷印刷する

菩提寺

  • 読み:ぼだいじ
  • 別名:菩提所、檀那寺

菩提寺の意味(菩提寺とは)

菩提寺とは、先祖代々のお墓のあるお寺のことです。

檀家である自分たちと菩提寺との関係は、宗教儀礼に関してはすべてその宗派の作法に則り、菩提寺の運営維持を支えるという関係になります。

葬式や法事をお願いする寺院でもあります。

菩提寺は、先祖の墓があり、位牌をおまつりしてあるところです。仏事でわからないことを相談に乗ってもらえる場所でもあります。

菩提はサンスクリット語で、煩悩のない、安らかな悟りの境地という意味があります。

菩提寺の実際

最近増えているのが、菩提寺が田舎にあるものの、故人が実際には都心で亡くなるというケースです。

さまざまな理由により、葬儀、戒名は、葬儀社などが手配してくれる、僧侶をお願いして終えたものの、四十九日に落ち着いて、田舎の菩提寺へ納骨の手続きを取ったところ、戒名の付け替えなどを要求され、驚くということがあります。

これは違う宗派で葬儀を終え、戒名を受けてしまったために起こるものです。寺院墓地は、同じ宗派以外の人の納骨ができない規則になっているのがほとんどです。

菩提寺があり、そこへ納骨する予定でいる場合には、必ず菩提寺に連絡を取って、確認のもとに、葬儀や戒名をお願いして差し支えない僧侶や寺院の紹介を受ける必要があります。また葬儀の際には俗名でお願いして、後日菩提寺に戒名をお願いするという方法もあります。