エンディングパーク

印刷印刷する

葬儀 花心

お花の持つパワーを伝える、花心のこだわりを感じてください

春の祭壇例:河津桜
名前 花心
よみ はなこころ
設立 平成16年1月
専門 葬儀
住所 東京都目黒区柿の木坂1-22-10 地図
電話 0120-875-563 (エンディングパークを見ましたとお伝えください)
対応
地域
東京23区(東京都下・神奈川県・千葉県・埼玉県も対応可)

松本淳也 松本淳也
まつもとじゅんや

ただ丁寧に。大切な人と過ごす最期の時間を。


花心では「残された人が癒やされる葬儀」をお手伝いします。そのためにプランなどは儲けず、対面できちんとお話を伺い、ひとつひとつ納得いただけるよう選んでいただいております。

ただ丁寧に、そして祭壇には50種類近くのお花を取り入れる、という花心のこだわりをぜひ感じていただきたいです。

花心のポイント

  • 季節のお花と力を合わせて故人様を送り出します
  • ただ丁寧に、ちゃんとしたものを届けたいだけ
  • ご家族からお預かりした大切なお金を大切に使います
特徴

花心の特徴

Q. お花に込める想いとは?

花心お花には2つのパワーがあると考えています。

1つは、グリーフ(悲しみのケア)に繋がること。季節のお花をふんだんに使うと季節が巡ってもきっとご家族や参列された方に思い出してもらえます。

2つ目は、次世代へ繋げることの大切さを教えてくれること。お花が咲き誇り種を繋いでいくように、人間も親から子へ子から孫へと次世代を生きていくものです。

Q. ご遺族と関わる上で大切にしていることを教えてください

花心ご遺族と同じ気持ちになることは出来ないけれど、同じような思いや状況に身をおくような心持ちを持ち携わっています。

私は「魂」の存在を信じています。もし今自分が死んだら・・・ということもよく考えます。そんな時自分は家族にどんなことを思い何を遺したいのか?故人様の人生を振り返り、ご遺族には大切な方が亡くなった時を大切にしていただきたいと思っています。

専門家インタビュー

Q. 松本さんの葬儀社としてのやりがいはなんですか?

松本淳也葬儀社ではなく、一人の人として信頼していただけることです。

お会いする度にご家族間の事情をあれこれお聞かせいただき、葬儀の相談から気づけば人生の相談、なんてこともしばしばあります。

花心が大切にすることは、とにかくご家族のためになることを最優先に考えること、出来る限り尽くすことです。

Q. 花心を立ちあげたきっかけと葬儀業界への思いを教えて下さい

葬儀社は葬儀の施工をすることだけでなく、ご家族の心をひとつにすることも大事な役割だと考えます。

しかし大きな組織ではそれがなかなか難しく、独立してもっとじっくり関わりたい、そして立ち上げるなら、今までにはない葬儀社をつくろうと決心し立ちあげました。そして今でも花心のような取組をする葬儀社は知っている限り他にはないです。

我々は人が亡くなることで頂くお仕事です。葬儀業界の方には覚悟を決めて取り組んでほしいです。

Q. 供養への考え方を教えてください

松本淳也感謝、この一言に尽きると思います。

当然、今の自分がいるのは自分の両親がいて、両親の両親がいて・・・と自分の背景にいるご先祖様たちの出会いが一分一秒でもずれていたら、今ここに自分はいないのです。

今までこうして繰り返されてきた奇跡に、手を合わせ感謝を伝える人が増えたらいいなと思います。

Q. 最後にメッセージをお願いします

大切な人の一度しかないお葬儀だからこそもっともっと時間のあるうちにぜひ面倒くさがらずに勉強してください。金額もさることながら自分たちの思い通りに出来ることで悲しみが癒やされる期間も短くなります。

後悔のない葬儀にするために、「この人だ」と思う葬儀社と出会うために、どんな些細なことでも構いませんので、まずはご相談ください。

写真で見る

写真で見る花心

夏の祭壇例:紫陽花
夏の祭壇例:紫陽花
秋の祭壇例:コスモス
秋の祭壇例:コスモス
冬の祭壇例:スイートピー
冬の祭壇例:スイートピー
手作りの竹の焼香台や季節の飾り
手作りの竹の焼香台や季節の飾り
事務所にも季節感が溢れる(お雛様の飾り)
事務所にも季節を感じる配慮
地図で探す

地図で探す 花心

花心によくある相談

よくあるご相談としては、
  • 目黒区世田谷区近辺で葬儀社を探している
  • 花いっぱいの葬儀で送りたいと考えている
  • 自分らしくアレンジ出来るエコ棺(段ボール棺)に興味がある
などがあります。お気軽にご相談ください。
Tel:0120-875-563 (エンディングパークを見ましたとお伝えください)