エンディングパーク
自然葬

自然葬

葬儀を終えて「お父さんは海に散骨して欲しい」と話していたよな、と在りし日の言葉を思い返することがあるかもしれません。

自然葬の主なものとして、散骨樹木葬の2通りの方法が見られます。散骨とは遺骨を粉末状にして、海や山などに撒いて供養する方法で、樹木葬とは、墓石ではなく自然の草木の元に埋葬して供養をする方法です。

家代々でお墓を継承していく現在の制度だけでは対応しきれなくなった少子化や個人の価値観の変化などの社会変化と、自然回帰の考えがあわさり、少しずつ広がりつつある供養の方法です。自然葬のメリット・デメリットを知ったうえで、選ぶことが大事です。

散骨

代表的な自然葬である散骨は大きく、海洋散骨と、その他の散骨に別れます。現在は、海洋散骨が主流となっていますが、その他の散骨としては、山林への散骨や、宇宙への散骨などがあります。

樹木葬