エンディングパーク

四十九日法要当日の流れについて

四十九日法要の一般的な流れを紹介します。地域の風習の違いなどもあると思いますので、お寺や葬儀社にも聞いてみると安心かと思います。

読経焼香納骨式・お墓参り ⇒ 施主の挨拶・会食 ⇒ 引き物を渡す

※納骨は、別日(四十九日前や後日)にする場合もあります。

読経・焼香

遺族や参列者が集まり開始を待ちます。僧侶が入場すると、読経が始まり、僧侶の合図で施主から順に焼香をします。焼香をする順番は基本的に故人と関係の深い方から順にします。

読経のあと、僧侶からお話(法話)があることもあります。

納骨式・お墓参り

続けて納骨をする場合、お墓に行き、僧侶立会いのもとで納骨式を行い、そのままお墓参りをします。

四十九日法要をお寺の本堂で行ったり、最近では霊園に法要室が備わっていることから、納骨を同じ日にされる場合が多いようです。

参考:納骨する時期と手順(すでにお墓がある場合)

自宅で行う場合は?

納骨を後日行うケースや、参列者全員でお墓に移動して納骨を行うケースなどが考えられます。

僧侶へのお布施はいつ渡す?

お帰りになるタイミングで来て頂いたお礼もお伝えするとよいでしょう。会食にも同席される場合は、お食事が終わったあとにお渡しします。

参考:四十九日法要のお布施とは

施主の挨拶・会食

法要、納骨式が終わり、会食場所へ移動します。会食前に施主から参列者へ向けて挨拶をします。

参考:法事マナー~挨拶編~

皆さんで故人との思い出話をしたり、「こんな人だったよ」と、こういう機会だからこそ聞ける話もあるでしょう。

引き物を渡す

お食事が済んだら、来て頂いた方へ引き物(お礼の品)を渡します。そのときにお越しいただいたことへの感謝の気持ちや、今後のお付き合いもよろしくお願いします、などお伝えされるとよいでしょう。

参考:法要の引き物(返礼品)

当日の持ち物

遺骨遺影写真位牌(白木位牌本位牌)、生花(お寺用・お墓用)、線香、お供え物、お布施、引き物

家で法要をする場合、仏壇のある仏間に準備されることが多いです。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから