エンディングパーク

新宿区の葬儀・葬儀社情報は?

新宿区民の方や新宿近辺に住んでいる方がよく利用する斎場は、どこでしょうか。また新宿区で葬儀社を探すときのポイントは何でしょうか。

ポイントを押さえていきましょう。

新宿区の葬儀の特徴

新宿区内には落合斎場という式場が併設した火葬場があります。新宿区民の火葬は、落合斎場(民営)を利用する人が多いです。落合斎場は交通の便も良いです。東西線「落合駅」やJR線「東中野駅」、都営大江戸線「中井駅」から徒歩で行ける場所にあります。

上記の火葬場には式場も隣接しており、高齢の参列者が多いときには移動の負担も少ないことから人気が高い斎場です。

ただし、混み合っていることも多いため、式場と火葬場の両方の予約を取るには2、3日~1週間と待つことがあります。他には、渋谷区にある「代々幡斎場」を利用することがあります。「代々幡斎場」は、京王新線「幡ヶ谷駅」 から徒歩約6分のところにあります。

また落合斎場や代々幡斎場の以外では、新宿区では区営斎場が充実しているのが特徴です。落合第一地域センター(新宿区下落合)、若松地域センター(新宿区若松町)、箪笥地域センター(新宿区箪笥町)、榎町地域センター(新宿区早稲田町)があります。

区営の斎場は該当者や喪主の住民票が新宿区にある場合に利用できます。区民料金で利用でき、費用が抑えられます。

上記以外ではお寺の貸式場を利用する葬儀も一般的です。


落合斎場_雪の間
写真:落合斎場

新宿区の葬儀式場(斎場)例

前述した火葬場併設式場の他、新宿区内にある代表的な葬儀式場

落合斎場(民営)

住所 東京都新宿区上落合3-34-12
アクセス 地下鉄東西線 落合駅下車 徒歩5分
費用 雪の間 243,540円
収容 式場:約40名(着席の場合)
利用条件 どなたでも利用可能です。式場(雪)は、10名~150名くらいで利用されることが多いです。
備考 民間の火葬場・貸式場で、どなたでも料金は同じです。
※落合斎場はあくまでも火葬場、貸し式場です。葬儀自体は行っておりませんのでご注意ください。お通夜の仮眠(宿泊)も可能です。

落合第一地域センター(公営)

住所 東京都新宿区下落合4-6-7
アクセス 西武新宿線「下落合駅」下車 徒歩5分
費用 20,900円(2日間)
収容 Aホール 36席
利用条件 亡くなった方又は葬儀を執り行う方が新宿区民の場合のみ利用できます。
備考 落合第一地域センターとは、葬儀専用の式場ではなく、地域のみなさんのコミュニティ活動や情報交換の場としても利用される施設です。

若松地域センター(公営)

住所 東京都新宿区若松町12-6
アクセス 地下鉄大江戸線「若松河田」駅下車 徒歩約1分
費用 26,100円(2日間)
収容 着席で約40名~60名程度
利用条件 亡くなった方又は葬儀を執り行う方が新宿区民の場合のみ利用できます。
備考 地下のホールと集会室及び エレベーターホールをセットで葬儀(通夜と告別式)に使用することができます。
エレベーター完備のバリアフリー。駐車場は6台ほどです。
ご葬儀以外でも地域の方がよく利用される地域の施設です。

新宿区の葬儀社選び

新宿区民がよく利用する落合斎場や公営式場は、葬儀社の所有する自社式場ではなく、提携している葬儀社も持っていません。

どの葬儀社でも利用することができる葬祭場です。葬儀社であれば誰でも利用することができる式場ですから、葬儀社選びがポイントになります。

落合斎場や公営斎場の落合第一地域センターや若松地域センターを使い慣れていて経験豊富な葬儀社であったり、もし混み合っていた際には別の式場の案を提案してくれる葬儀社など、家族に親身になって対応するだけでなく対応力のある葬儀社を選ぶことをおすすめします。



新宿区の葬儀に関する相談・疑問は
エンディングパーク推薦専門家(葬儀社)へどうぞ

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから