エンディングパーク

ケアプランとは?

ケアプランは、介護サービス計画といわれるものです。

要支援、要介護に認定されると、介護サービスを利用することができますが、本人や家族の希望に添ったサービスであることが望ましいでしょう。

そのため、本人の症状や必要な介護内容、家族の状況や生活の環境、本人や家族の「どんな生活を送りたいか?」などに配慮した、介護サービスの種類や内容を定めたケアプランが必要になるのです。

ケアプランを立てる前提

これからどんな生活を送っていきたいか?を考える事が大事です。

短期目標や長期目標、今出来ることと出来ないことなどをケアマネジャーさんに相談するとよいでしょう。

ケアプラン作成の流れ

ケアプランは、居宅介護支援事業者やケアプラン作成機関、ケアマネジャーに作成を依頼することができます。

ケアプランを作成するには、医療知識、介護保険の知識に加え、公的機関、社会福祉協議会、福祉施設、病院からボランティアといった社会資源の知識や、介護報酬の事務処理能力などが求められるため、ケアマネジャーなどの専門家に任せるのが一般的です。

1.ケアマネジャーによるアセスメント

利用者の心身の状態や、環境、生活リズム、今後の目標などを確認し、課題を分析します。

2.ケアプランを基にサービス担当者会議

家族と、ケアマネジャーや介護サービス提供事業所の担当者が集まり、サービス担当者会議が行われます。

どんなサービスが利用者にとってベストかを、検討します。

3.ケアプランの作成

利用するサービスなどの説明をケアマネジャーから受けます。同意すると、介護サービスを利用することが出来ます。

ケアプランは、一度作成したらそのまま続行ではなく、利用者の疾病の進行などに配慮して、常に適切なサービスを利用できるよう、随時見直しを行い、変更していく必要があります。

ケアプランは、利用者や家族が自分で作成することもできます。

自分で作成したケアプランは、セルフケアプランと呼ばれています。セルフケアプランは、利用者本人かその家族が自治体へ届け出る必要があります。

タグ:介護 , 種類 , 病院

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから