エンディングパーク

解体業者を選ぶポイントは?

複数社の見積もりの比較が大切

古家の解体は、解体業者やハウスメーカーなど、専門家の手を借りて更地の状態にします。

まれに自分で更地にできるという人もいます。専門の知識があり、必要な手続きを踏める人は、自分で解体することも不可能ではありません。

一般的には、地元の解体業者に見積もりを依頼して、数社のなかから納得のいく業者を選んで解体工事を依頼することが多いでしょう。

建築会社やハウスメーカーは、下請けの解体業者に依頼をするものなので、コスト面で開きが出てきます。解体業者に直接依頼した方が、工事費用そのものは安くできることが多いものです。

古家を解体して更地にし、そこに新しく建物を建築するという計画であっても、必ずしも同じ業者に全てを依頼する必要はありません。解体は解体業者に任せ、更地になってから新築のマイホームをホームメーカーに依頼して建築するという方法もとれます。

見積もりは複数の業者に依頼して、比較検討することが大切です。解体のコストを抑えて、その分を新築の予算にまわすように工夫できるよう、見積もりは同じ条件下で出してもらうようにしましょう。

特集
「建物解体」でみんなが気になること
建物解体の工事の流れや費用、葬儀後にまつわる相談事例を紹介しています。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから