エンディングパーク

仏壇のサイズの選び方

仏壇を購入する際、仏間がある場合は、横幅、高さ、奥行きを計って、仏間に合う寸法の仏壇を選ぶだけですが、最近は仏間のない家が増え、まず置き場所から選ばなくてはいけません。

置き場所も家庭によって畳のお部屋からチェストの上、リビングの一角や壁など様々です。

置き場所とお仏壇の種類については、お仏壇の置き場所とタイプの選び方を参考にしてください。

置き場所とタイプを決めたらさっそく仏壇のサイズ選びです。

サイズの測り方

仏壇のサイズは、号を単位に表します。一号は約3cm(一寸)と考えると目安になるでしょう。

仏間がある場合

また、仏間のサイズを尺であらわすため、仏壇のサイズの単位も尺で表記しているメーカーもあります。この場合の一尺は約30cmです。

仏壇は、家具をはめ込むのとはちがって、扉の開け閉めがあり、扉が全開した状態で使用するものですから、仏間の巾は大き目である方が望ましいでしょう。

大型の仏壇は奥行も考慮して、仏間の奥行に入るサイズのものを選ぶことになります。大きさがわからない時は、購入店舗で相談に乗ってもらうと間違いがないでしょう。

仏間がない場合

仏壇がない場合はマンションなどで小型の仏壇を安置したいという家族も増えています。置き場所に困らず、タンスの上などに置けるサイズの家具調の仏壇にも人気が集まっています。

場所はその家の中でも日当たりが良い、湿気のないお部屋を選びます。客間、和室などが主ですが間取りによってはリビングも選択肢に入るでしょう。

直射日光やエアコンが直撃するスペースは避け、無理なく設置できる場所を選びます。脚や台付きのタイプをおける場合とチェストなどの上に上壇だけにするのか決めましょう。

忘れがちですが、仏壇の周りでコンセントを使用することも多いので、電源が必要になりますから確認しましょう。

場所が決まればスペースの高さ、奥行き、横幅、目線の高さに位牌や写真が来る大きさをメジャーで測ります。

あとはインターネットで調べてみるもよし、仏壇屋さんに実際に足を運んでみるのもいいでしょう。

毎日手を合わせるお仏壇ですから家にマッチした、素敵な仏壇に出会えるといいですね。

タグ:法事法要 , 仏壇 , 種類

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから