エンディングパーク

葬儀の見積書のチェックポイント

事前に葬儀社を決めておきたい、しかしどの葬儀社にすればいいのか?という悩みから、いくつかの葬儀社からパンフレットだけでなく、事前に見積書を取り寄せることがあるでしょう。

いざ、いくつかの葬儀社から見積書を送ってもらったがどうやって検討すればいいのか、と困ってしまうことも珍しくありません。

また、そういった事前の準備の余裕もないまま、ご逝去された後に慌ただしく葬儀社と打合せを済ませたあとに、見積書を受け取るかもしれません。見積書を確認する時に、何に気をつけていけば良いのでしょうか。

葬儀費用とは

まずは、基本の「葬儀費用」について知りましょう。3つの項目に大別できます。

葬儀一式の費用

・葬儀社に支払う費用(祭壇後飾りなど)
・式場費用(人数で適した大きさが変わる)
火葬費用(地域で費用が異なる)

人数に応じて変わる費用

・お料理(通夜振舞い精進落とし、飲み物)
返礼品(粗供養品)

宗教者への御礼

お布施、お膳代、お車代など(キリスト教や神式の場合は御礼)

より詳細については、「葬儀費用について」をご参照ください。

事前見積書と本見積書

見積書は、「事前見積書」「本見積書」に分けられます。

「事前見積書」とは、事前の相談で見積書を作成するもので、その時に想定できる範囲内の条件で見積書を作成します。

「本見積書」は、亡くなった後の打ち合わせで作成するもので、この見積書を元に葬儀の準備、実行をします。

見積書のチェックポイント

見積書の形式は、葬儀社によって様々です。確認すべきポイントをおさえていきましょう。

プラン(セット)の前提

何名規模を想定しているプランなのか?を確認。

比べるときに、同じような名前のプランでも想定している規模によって、追加で必要なものがあった際に総額が大きく異なることがあります。

事前に大まかでも良いので、親族何名、一般会葬者何名、何宗で行うか。などを確認してから数社に依頼する際は同じ条件で見積書を取り寄せましょう。

含まれている項目

祭壇や棺、収骨容器、枕飾りなど必要最低限のみのプランと、料理や返礼品まで含んでいるプランがあります。

料理を含んでいるかどうかで費用の違いが大きくなります。例えば、精進落としの料理は、1人あたり3,000円~5,000円を選ばれる方が多いですので、仮に3,000円の料理だったとすると20人分で60,000円分になります。

このように自分たちが考えている葬儀に対して適した項目が含まれているかどうかを確認していきます。

プラン外で必要なものはないか

例えば、プランの中には入っていないが、追加したほうがいい場合には追加費用はいくらか確認しましょう。

関東地方、特に23区内は人口も多いため式場や火葬場が混みあうと3,4日はご安置して空きを待つことがあります。その場合、見積書は安置場所1日10,000円になっているけど4日待つ場合、あと3日分(10,000円×3日)も考えておいたほうが安心でしょう。

パンフレットや写真で確認

見積書は項目と金額だけを記載されたものを見てもあまり意味がありません。

例えば「棺」ですが、A社は50,000円でB社は60,000円となっていれば、一見するとA社が割安に感じますが、A社は平棺といって木がむき出しのお棺で、B社は布棺という布で覆われたお棺で葬儀社によっては色味もピンクや青に変更することもできるとすれば、単純な費用の比較だけでは分からなくなってきます。

分からない項目はないか確認

葬儀の見積書は専門の用語や見慣れない言葉も出てきますので、よく分からない項目があれば、葬儀社の担当者に遠慮無く確認しましょう。
※参考記事:「葬儀の見積り用語早見表」、「葬儀の見積り用語早見表2

最後に、葬儀もメールだけで問い合わせたり質問ができるようになりましたが、葬儀はハード面だけではなく、担当者の対応によるソフト面が大きなものでもあります。できるだけ電話などで人柄の確認も行い、費用、内容共に納得のうえで葬儀社を選びたいものですね。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから