エンディングパーク

墓石の種類

墓石に使われる石の種類は、300種類もあると言われています。

現在墓石の多くに使用されている石のほとんどは、中国から輸入されているもので、国産の石は高級品として扱われていることが多いようです。

主に使われる墓石

墓石に最もよく使われるのが花崗岩(かこうがん)で、次いで安山岩(あんざんがん)、また斑レイ岩(はんれいがん)、閃緑岩(せんりょくがん)なども使われます。これらは硬く、火や風にも強くて、磨くと光沢が出るのが特徴です。

花崗岩(御影石・みかげいし)

最高級の本御影石(ほんみかげいし)や庵治石(あじいし)のほか北木石(きたぎいし)、稲田石(いなだいし)など一般に粒が粗く組織に方向性がなく、色調は白色・淡紅色・紅色・淡灰色・淡褐色などがあります。産出量も多く、大材も採れるため用途も幅広く、墓石・外柵用として最も多く使用されています。

庵治石細目
庵治石細目

安山岩

小松石(こまついし)、山崎石(やまざきいし)など花崗岩についで使用されている石です。色調は灰色・青灰色・淡紫色などがあります。

小松石(神奈川県産)
小松石(神奈川県産)

閃緑岩

波多石(はたいし)、浮金石(うきがねいし)などです。閃緑岩は含まれる鉱物によってさらに細かく分類されることもありますが、それらをまとめて「黒御影(くろみかげ)」とも呼ばれています。黒御影は国内で産出量が少なく高級品となっています。

浮金石(福島県産)
浮金石(福島県産)

斑レイ岩

黒御影石、牡丹石(ぼたんいし)などです。暗緑色系の石で、閃緑岩と同様に「黒御影」と呼ばれることもあります。

吾妻牡丹石(福島県産)
吾妻牡丹石(福島県産)

人気の石は?

国産和型での人気はやはり本御影石と庵治石です。最近増えてきた、デザイナーが作る洋型デザイン墓などには、黒御影や、インド石なども人気です。

海外の石はもろい?

海外の石はもろい可能性があるとテレビで取り上げられることがありますが、海外の石=もろい、という事はありません。

採れる地域によってもちろん品質の差はありまして、その国の為替や人件費などの影響で、品質の良いものがお値打ち価格で仕入れられる事も当然ございます。

最近では、インドやウルグアイ、スウェーデンなど品質の良い美しい石目の石種が増えてきております。

インド石
インド石

また、石にはそれぞれ硬度があり、硬度が高いほど固い石という事です。ただし、ここで注意していただきたいのが「固い」=「もろくない」ではないという事です。

硬度&吸水性&弾性(弾力)&展性(伸びる力)などがバランスよく調和してこそ、石の丈夫さ(耐久性)が決まります。また数字だけでは本当の耐久性は一概に測れないというのも自然の物の醍醐味です。

5年~10年乗れればいい車とは違います。

墓石は100年と後世に残していくもの。信頼のできる専門家と実物を見て、納得したうえでお決めいただく事をおすすめします。

posted by 池尻和昭 (有限会社池尻石材工業)

タグ:墓石 , 種類 , 海外

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから