エンディングパーク

グリーフケアってどんなもの?

グリーフケアとは、遺族ケアの一環ですが、どのようなケアがあるのでしょうか。自分に合ったグリーフケアを見つける一助になれば幸いです。

グリーフケアの種類

グリーフケアとは「大切な方を亡くされた方の悲しみケア」と定義されるため、ケア方法が決まっているわけではありません。

大切な人を失った方が心身共に立ち直り、正常な日常生活へ戻っていくために効果があるものを広く「グリーフケア」と呼ばれています。

葬儀

死を見つめて、しっかり悲しむ時間ということで大切なグリーフケアの1つと考えられています。

墓参り

お墓を心のよりどころとし、大切な方を思い、悲嘆が和らぐのであれば、それは遺族のケアとなります。

手元供養・手元供養品

そばにご遺骨をおいておくことで、悲しい気持ちが和らぐことがあります。(ダイアモンド・ペンダント・手元供養人形など)

専門のカウンセラー

一般的な心理カウンセラーでも対応はできますが、グリーフケア専門のカウンセラーも日本でも増えてきています。知人・友人・家族に話せなかった思いを第三者である専門家に話すことで、気持ちが楽になるかもしれません。

グリーフケアの講座(語り合いの会)に参加してみる

同じような辛さを経験した方々と話をしたり、話を聞くことで心の整理ができることがあります。

思い出ノートや日記帳をつける

自分の本当の気持ちと向き合うきっかけになります。時間は必要ですが、辛い気持ちが和らいでいくことがあります。

他にも「自分らしい」方法で悲しみを受け入れられることもあるかと思います。1人で立ち向かわなくていいのです。そばに手を差し伸べてくれる人がいるのかもしれません。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから