エンディングパーク

墓石のクーリング・オフは可能ですか?

自ら霊園や石材店に行って、石材店と契約を結んだ場合は、
その石材店がクーリング・オフ制度を取り入れていない限り難しいです。


クーリング・オフ制度とは、消費者が商品を購入する契約を結んだ後、一定期間であれば、無条件で契約を解除できる制度のことです。つまり「クーリング・オフ」を一言で説明すると「申込みの撤回」ということです。

お墓を購入するときでもクーリング・オフ制度は適用されるのでしょうか?

クーリング・オフとは

クーリング・オフができる商品・権利・役務は政令で指定されており、その対象の中に「墓石」は含まれています。

ただし、クーリング・オフ制度が適用されるにはいくつか条件があります。条件の中でも身近な例は「訪問販売」と「電話勧誘」です。たとえば、訪問販売によって墓石を購入したときは、基本的にクーリング・オフができます。

しかし、自ら霊園や石材店に行って、石材店と契約を結んだ場合は、その石材店がクーリング・オフ制度を取り入れていない限り難しいと言えます。

契約前に確認すること

クーリング・オフができる取引は、法律や約款などに決まりがある場合に限られます。基本的に自分から店に出向いたり、電話やインターネットで申し込む取引は、クーリング・オフが難しいです。

契約する前にその石材店の返品(キャンセル)対応についての規定をよく確認しましょう。

もしもクーリング・オフできるなら、どうすればいいの?

クーリング・オフ制度を導入している石材店で制度を活用する一例

契約者は、申込日を含めた8営業日以内であれば、申込みを撤回できます。

申し込みの撤回をするには、石材店の用意した様式に従うか、もしくは通知書を作成する必要があります。ハガキなどの書面に下記の項目を記入して作成します。控えのコピーを取っておきましょう。

【記入項目】
契約日、商品名(契約の種類)、契約金額、契約会社名、クーリング・オフをする旨、契約者の氏名及び住所

以上を明記し、署名・押印のうえ、石材店に提出します。申込日を含めた8営業日以内の消印が有効になります。

契約をする前に、クーリング・オフ制度が導入されているのか、またはキャンセルした場合の取り決めを確認しておきましょう。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから