エンディングパーク

キリスト教の葬儀

キリスト教葬儀は多くが教会で執り行われます。

大きく、カトリックプロテスタントがあり、それぞれ葬儀の作法や考え方が少し異なります。

司祭者を、カトリックでは「神父」、プロテスタントでは「牧師」と呼びます。

仏式の葬儀では、焼香をしますが、キリスト教式の葬儀では、お花を手向ける献花で執り行われます。賛美歌を斉唱し、神父・牧師さんから説教があることなども特徴です。

キリスト教の葬儀に参列する機会は多くはないことから、戸惑うことも多いかもしれません。キリスト教の葬儀は、故人が生前から通っていた教会で行われることも多く、神父・牧師さんから、故人の人となりが話をされて、オルガンの演奏と共に皆で賛美歌を歌うなど、皆で送るという気持ちが持ちやすいお葬式ともいえるでしょう。

キリスト教の葬儀を行う際は、通っている教会があれば原則そちらの教会の方法に則ります。式場や葬儀社を選べる場合は自分たちで希望する式場、キリスト教の対応に慣れた葬儀社に依頼するといいでしょう。

キリスト教の葬儀
キリスト教の葬儀の祭壇例。
花で造られた十字架の上にみられます。

一般的なキリスト教での葬儀の流れ

ご逝去(病院)

ご自宅(または安置施設)へ搬送

葬儀の打ち合わせ

枕勤め

納棺

前夜祭通夜の儀・前夜式)

告別式

火葬

お骨上げ

※式後の食事の振る舞いをしない場合もあります
※火葬中と火葬後も「祈り」を捧げます

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから