エンディングパーク

友人葬の葬儀

友人葬とは、創価学会の考え方の元に執り行われる葬儀をいいます。

葬儀において僧侶は必ずしも必要ではなく、友人同士や仲間(学会員)が集い題目を唱えて送るという考え方から、友人葬と呼びます。導師としては、幹部や儀典部長が務める場合が多いです。

主な特徴としては、
戒名は用いず、本人の名前(俗名)で執り行う
・導師へのお布施は不要
(しきみ)の祭壇を用いる場合も
などです。

お香典に関しては不要(辞退する)とする考えと、受け取る場合とどちらもみられます。

一般的な友人葬での葬儀の流れ

※基本的には、仏式での葬儀とは大きくは変わらないです※
ご逝去(病院)

ご自宅(または安置施設)へ搬送

葬儀の打ち合わせ

納棺

通夜

告別式

火葬荼毘

お骨上げ

精進落とし

初七日

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから