エンディングパーク

公営霊園の樹木葬の倍率(都立小平霊園)2012年版

2012年に募集をはじめた都立小平霊園の樹林墓地樹木葬)は、募集初年度は16.3倍もの倍率になったことで話題となりました。

実は、平均倍率が16.3倍であって、募集方法(遺骨のありなし、粉骨済かどうかなど)によって倍率は大きく異なりました。

平成24年度(2012年)の都立小平霊園の応募状況と倍率

遺骨の
有無
粉骨 1体?
2体?
募集数
(体)
応募数
(体)
倍  率
遺骨あり 粉骨前 1体 20 155 7.8倍
遺骨あり 粉骨前 2体 10 74 7.4倍
遺骨あり 粉骨済 1体 25 75 3.0倍
遺骨あり 粉骨済 2体 20 64 3.2倍
遺骨あり
+生前
粉骨前 2体 40 498 12.5倍
遺骨あり
+生前
粉骨済 2体 60 236 3.9倍
生前 粉骨前 1体 30 959 32.0倍
生前 粉骨前 2体 100 3110 31.1倍
生前 粉骨済 1体 47 730 15.5倍
生前 粉骨済 2体 148 2268 15.3倍
合計 --- --- 500 8169 16.3倍

参考参考:平成24年度 都立霊園公募受付状況と公開抽選について

生前の申し込みが殺到

遺骨のあるなしで比べてみると・・・

遺骨あり 募集75体 応募369体 倍率4.9倍
生前 募集325体 応募7067体 倍率21.7倍

生前での申し込みが21.7倍、遺骨がある方の申し込みが4.9倍となって、圧倒的に生前にご自身のお墓として求める人が多い結果となっています。

粉骨を任せる人が多い

遺骨を粉骨を自分でするか、それとも霊園側に任せるかで比べてみると・・・

粉骨前(霊園側で粉骨)募集200体 応募4796体 倍率24.0倍
粉骨済(ご自身で粉骨)募集300体 応募3373体 倍率11.2倍

霊園に粉骨化を任せるという申し込みは24.0倍、自分で粉骨を行うという申し込みは11.2倍でした。

霊園側で粉骨を行う場合は、13.4万円で、自分で粉骨化を行う場合は、4.4万円と大きく費用に違いがありますが、費用はかかっても粉骨を任せたいという申し込みが多かったことが分かります。


来年度は募集自体が少し増える予想もありますが、倍率はどのように変化するでしょうか。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから