エンディングパーク

一般葬

一般葬とは、一般の会葬者も多く弔問に来られる葬儀をいいます。

葬儀には、社会に亡くなったことを告知する意味もありますので、「一般葬」で葬儀を行うことが通常でした。2000年代に入ると、高齢化や地域との関係性の変化などから「家族葬」という言葉で呼ばれる、身内中心の葬儀がみられるようになりました。

例えば、高齢の方が亡くなられた場合、会社を引退して時間も経つと、会社関係の会葬者が来ることは少なくなり、地域とのつながりも強くないとするならば、家族や親族だけで葬儀を行うことは自然なこととも考えられます。

2000年代後半~2010年代になると、地域によっては、一般葬よりも家族葬の割合が多くなるなど、葬儀の小規模化が進んでいます。

一般葬の流れ

※仏式の葬儀の例になります※

ご逝去(病院)

ご自宅(または安置施設)へ搬送

葬儀の打ち合わせ

枕経

納棺

通夜

葬儀・告別式

火葬荼毘

お骨上げ

精進落とし

初七日

一般葬の葬儀事例
エンディングパーク推薦専門家である葬儀社が実際に対応した、「一般葬の葬儀事例」はこちら

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから