エンディングパーク

お仏壇の掃除

仏壇はあまり汚れるものではないためか、掃除を頻繁にするというものではないかもしれませんが、お彼岸や年末などの機会に掃除をするとお仏壇も永くきれいな状態で使うことができます。


お仏壇の掃除でやってはいけないこと

やってはいけないことを知ることで、掃除をしていて仏壇をよけいに傷つけてしまったを防ぐことができます。

金仏壇の場合、直接手で触れることは避ける

金箔は、手の油分や水に弱いものです。直接、手で触れることは避けて、布で強くこすったりということはしないようにしましょう。ホコリが目立った場合は、ハタキでやさしくはたくなどできれいにしましょう。

唐木仏壇の場合も、水分はなくべく避ける

唐木仏壇は、布で拭いて掃除をすることができますが、できれば柔らかい布や、布を濡らす場合も固くしぼって使うなどして、その後にはから拭きをすることがよいでしょう。

真鍮の仏具は手で触ることは避ける

真鍮の仏具は、塩分に弱いものですので、汗や手で直接触ることは避けた方がよいでしょう。汚れが目立った場合は、専用の洗浄液が仏壇店などで販売されていますので、用いるときれいになります。

タグ:法事法要 , 掃除 , 仏壇 , お盆

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから