エンディングパーク

墓地選びで注意すること

実際にお墓が建つまでの期間の長さ

葬儀を終えて、四十九日までにお墓を建てて、法要と同じ日に納骨をしたいと考えられている方もいらっしゃるかもしれません。

霊園と区画場所を決めてからお墓が建つまでに、一般的には2ヶ月~3ヶ月くらいの期間が必要になりますので、四十九日までにと決められている方は、葬儀後すぐに霊園を探しはじめたとしても時間的な余裕がありませんので注意が必要です。

墓石の石種によっても期間は異なり、一般的な石であれば比較的早く手に入りますが、高価な石などは取り寄せるまでに時間がかかる場合もあります。

もしどうしてもお急ぎという方は、在庫のある石種や展示品の墓石などは早く建墓できる場合もありますので、担当石材店に相談してみましょう。

参考:納骨までの流れ

立地

お墓は建てて終わりではありません。今後お参りをしていくことを考えて、霊園の場所だけでなく、将来的なお参りの交通手段(車?電車?バス?)を考えて選ぶことがよろしいでしょう。

宗旨宗派

公営霊園民営霊園のほとんどは宗旨宗派を問わないことが多いです。 最近は寺院墓地でも宗派を問わないところも見られるようになっていますが、その後の法要はそのお寺の宗派に則って執り行うという決まりがある場合もあります。

ご予算

目安として、都心部では、総額で150万~250万円(お選びになる墓石によってはそれ以上)が多いです。 郊外では100万円以内という区画を用意している霊園も見られます。駅から遠い霊園も多くなりますが、最寄り駅から送迎バスを用意している霊園もあります。

参考:お墓の費用について

環境・設備

海の見える場所がよい、花が多く咲く場所がよい、伝統的な落ち着く場所がよいなど優先される環境についてはいろいろなお考えがあるでしょう。パンフレットやホームページで見る写真と、実際とではイメージが異なることがありますので、必ず見学に行きましょう。

ご見学の際には日当たり、風通し、水はけといった区画の様子や、管理事務所の対応が良いか、水桶ひしゃくなどの管理の状態、お花や線香はお墓の近くで購入できるのか、お手洗いは清潔かなども確認されるとよろしいかと思います。最近では、法要を執り行うことのできる施設を完備した霊園も見られます。設備の充実に比例して、年間の管理費が高くなる場合もありますので、確認しましょう。

霊園

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから